HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年3月

ブログ 2018年3月

のらぼう菜


三寒四温と言うけれど、今年の温度差は 激し過ぎますね。
彼岸に入り、風も日差しも 春らしく心地よいなか、運ばれて来る 花粉 が、とても問題な 今日この頃です。

この時期にしか 手に入らない のらぼう菜 を 入手しました。
那須で マルシェをやっていた頃は、持ちきれないほど いただいて、堪能した のらぼう菜。
東京では、なかなか お目にかかることが出来ませんでした。
のらぼう菜は、菜の花の一種ですが、アクが無く、クセが無く、かすかな甘みがあって、とても食べやすく美味しい 菜っ葉です。

食べ方は いたって簡単!
柔らかい 葉の部分は 少量の油で炒めるだけ。茎から下は 太いものは割って、ただ 茹でるだけ。もちろん 天ぷらも美味しいのでしょうが、手をかけなくても 充分 美味しいのです。
味付けは 塩のみ。
飽きたら コショウをかけたり、ゴマをかけたり、オリーブオイルや マヨネーズをかけたり。

とにかく、美味しいのです!
どこかで見かけたら、ぜひ 試してみてください。

生の方の写真は、ネットから拝借しました。




iPhoneから送信


桜 梅 桃


今年は、同時期に 桜、梅、桃の花を見ることが出来ました。
春を代表する 三花木ですが、私には もう一つ この花たちへの想い入れがあります。

遥か昔、私が通った小学校は 一学年3クラス、桜組、梅組、桃組 に分かれていました。
私は、1年生から3年生までが 桃組、4年生から6年生までは 桜組でしたが、担任の先生は同じ方で 6年間 お世話になりました。
なので、桜、梅、桃という響きが 子供時代に直結しています。

例年だと、お正月過ぎに まず 梅の花が ほころび始め、花期が長ければ 3月3日の雛祭りに活ける 桃の花と 合流するかどうか。桜は 東京では 桃の節句に咲くことは まず無く、梅も桃も とうに散ってから 3月末頃に ようやく開花となります。
花屋さんで 早咲きの河津桜などが 手に入りますから、三花木 揃えて眺めることも 可能ではありますが、今年は 少し事情が変わってました。

まず、このブログにも書いた 昨年12月に見つけた 冬咲きの桜、実はまだ 咲き続けているのです。花数は少ないけど ちゃんと今も咲いてます。もしかしたら 普通の桜が咲く頃まで 咲き続けてるかも。
そして、我が家の 紅梅が、今年は狂い咲きしてます。ここ3年ほど、ほとんど花が咲かず 実もならず、お休みしていたからか、今年の花数、開花期間の長さ、ハンパじゃありません。
桃は、残念ながら 花木が身近に無くて 切り花ですが、雛祭りには 必ず活ける花材ですから、今年は 見事に 三者揃い踏みとなったわけでした。

桜は すぐご近所とはいえ 他人のものですから 写真だけですが、この目で 同時に見られた幸せ!
私と、同級生にしかわからない ノスタルジーかも ですが、小学校時代が 遥か遠くになればこそ、想い入れも ひとしおです。





iPhoneから送信


1

« 2018年2月 | メインページ | アーカイブ | 2018年4月 »

このページのトップへ