HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年12月

ブログ 2018年12月

今年も残りわずかです


今年は、気候も異常でしたが、私の身辺も 負けず劣らず 異変続きでした。
本当に よくぞ一年乗り切ったな、というのが 正直なところで、まあ これだけいろいろあれば、来年は何が来ても大丈夫!みたいに思っている お気楽者です。

我が家の 今年の最大ニュースは、なんと言っても 家族(猫)の移動でした。
2月に 末っ子が7歳の若さで 病死し、ご縁あって 彼の死の5日後に生まれた 新しい家族を迎えました。
白い双子が家に来たのは5月で、このブログでもご紹介しましたが、順調に成長してます。フェイスブックでは 毎月 成長記録を載せていますので、良かったら のぞいて見てください。

私にとっては、激流に身を置いて 必死でもがいていたのは事実ですが、双子も含め、幸せなことも 多々あった一年でした。
新しいハンドメイドに出会えて、今までの集大成となる 作品作りに没頭出来ることは、本当に良かったと思っています。
来年早々には 作品をお披露目出来ると良いのですが。

そんなわけで、激流の真っ只中にいることに変わりはなく、来年も 決して楽観は出来ないのですが、良いことも 悪いことも 背中合わせ。
明けない夜は無いことを信じて、来年も頑張ります!






iPhoneから送信


異常気象


12月に入り、これから冬本番 というのに、昨日は都心で23度!半袖Tシャツでも良いくらいでした。
異常気象、ここまでくると 地球そのものが心配になります。

写真は、庭の紅葉。色づいた葉の中に なんと若葉が出ています。
紅葉も 紅くなっていいのやら 迷っているような色の変わり方で、樹木も 異常気象に戸惑っているようです。

寒いのは嫌い、とか言うけれど、やはり 冬は寒くないと いろいろ問題が生じますよね。
スキー場は 全く雪が無くて営業出来ないとか、野菜などの生育にも不具合が出るとか。

我が家の猫たちも すっかり冬毛になって、白い子猫たちなどは 白熊のぬいぐるみ みたいにモフモフになったのはいいが、やはり 暑いみたいで 床の冷たいところを探して寝ています。

ここ数年は、暑過ぎる夏と 寒い冬の間に ほんの数日だけ 春と秋がある、みたいな気候でしたが、今年は 冬なのにほぼ真夏日と 極端な寒い日とが ジグザグになってるようで、まずは 着るものに困ります。朝と昼と夜の温度差が あまりに激しいので、薄着でも風邪引くし、厚着して汗かいても風邪引くし、コートを持って出るのはかさばるし、本当に 悩みますね。

昨日は、夕方 表参道のイルミネーションを見ながら、思わず サマーサンタをイメージしてしまいました。
地球の裏側 アルゼンチンでは、クリスマスは夏です。あちらのイラストで見た 半袖のサンタルックに サングラス姿のサンタさんが 東京にも似合いそうで、いやいや クリスマスは寒くなくては、と 慌てて打ち消したり。

そんなことを言ってられないほど、数日後には寒波が来るようです。
地球も心配ですが、まずは 自分の健康を守らなくてはね!

皆さま、御自愛ください!





iPhoneから送信


1

« 2018年11月 | メインページ | アーカイブ | 2019年1月 »

このページのトップへ