• 初めての方へ
  • 体験レッスン受付中!

KOKO SUTDIOの特徴

  • 手ぶらでOK!
  • マンツーマンレッスン!
  • 英語・スペイン語OK!
  • 単位取得可能!
  • レッスン内容
  • ギャラリー
  • 生徒の声
  • よくある質問

講師 KOKO(大山 恭子)がコンサートで演奏いたします。

  • 公演依頼はこちら
  • 公演紹介はこちら

school info

≫アクセスマップ
【営業時間】15:00 ~ 20:00
【定休日】不定休
【TEL】03-3499-5015
【mail】koko@h08.itscom.net

  • facebook
  • twitter
  • ブログ

HOME > ブログ > ミロンガというもの

ブログ

< 想いの届く日  |  一覧へ戻る  |  変わり行く街 >

ミロンガというもの


アルゼンチンタンゴを愛する人達が集まり、タンゴ音楽が流れる中 踊ったり、ワイン片手にタンゴ談義に花を咲かせたり、時にはうわさ話が囁かれたり、踊り上手なパレハ(カップル)に目をうばわれたり、タンゴを中心に 思い思いの時をすごす…そういったパーティーを ミロンガと呼んでいます。
タンゴを踊る会を引っ括めて ミロンガという場合もありますが、踊ることだけを目的とする場合は 練習会という意味合いの プラクティカ という言い方をするようです。

アルゼンチンタンゴダンスの 最大の特徴は アブラッソ、抱擁して踊ることにあります。世界中にペアダンスは種々ありますが、始めから終わりまで 抱擁し合ったまま踊るのは アルゼンチンタンゴだけ とも言われます。
もう、それを聞いただけでモジモジしてしまうような シャイな方も 日本人には多いかと思いますが、これは 文化なので、挨拶一つとっても 離れて立ち 頭を下げる日本人に対し、アルゼンチン人は 会社で上司に挨拶するにも「ハグチュー」つまり抱擁してほっぺにチューが 当たり前なのです。
タンゴを踊ってみたいな と思ったら、異性と抱き合うのは必然。そういう文化だと思ってください。
何事も慣れです。私などは 対人恐怖症的な 人見知りを治すための荒療治としてタンゴを始めた一面もあります。
また、異性と非常に接近するので、身だしなみや 体臭 口臭には とても気を遣います。問題ある人は 誰も踊ってくれませんからね。

薄暗い照明の下、ワインやビールを飲みながら 男女が抱き合って踊る という(一見 不健全にも思える?)地球の反対側の文化アルゼンチンタンゴは、2009年に 世界無形文化遺産として登録されました。
タンゴを踊るには お互いも 周りの人たちも 気分よく過ごせることが何より大切です。素晴らしい音楽に酔いしれながら 男性のリードで踊っていく… マナーもルールもきちんと守られてこそ 成立するものなので、お行儀の悪い人は 出入り禁止になることも。

アルゼンチンタンゴを身近に感じてみたい方、ぜひ一度 ミロンガに行ってみてください。どちらのミロンガも 初心者レクチャーをおこなっており、初めての方も 踊りを体験することが出来ます。






[猫]KOKO♪


< 想いの届く日  |  一覧へ戻る  |  変わり行く街 >

このページのトップへ