HOME > ブログ > 7ページ目

ブログ 7ページ目

明日は 大晦日


いよいよ今年も あと1日!

あまりに忙しく、あまりにせわしなく、引越し荷物も 一向に片付かないまま 大晦日を迎えてしまいます。

アトリエとして 使っている部屋は、狭くなっただけで 改装工事には含まれないため、新しく出来た壁と 以前からの部分とで 壁紙も 新旧貼り混ぜになってます。(笑)

本当に狭いんですが、フラワー教室の生徒さんや 来訪者にも「なんか 落ち着く」と言われ、居心地的には 悪く無いのかもしれないですね。

奥の一部屋が 天井まで 荷物が詰まっているので、掃除も ままならず、でも お正月を迎えるのに 何か 明るい雰囲気が欲しくて、貼り混ぜの壁に デコレーションしてみました。

やっと キッチンも使えるようになったので、今日と明日は ほんの少しだけ料理して お正月を迎えようかと思います。

他の時間は、ひたすら片付け!
荷物の整理をしないと、新年から 仕事が出来ません。
年末年始、今年もまた やることいっぱいの 全くのんびり出来ない状態を、結構 楽しんでいる私です。

どうぞ 来年も よろしくお願いします!



iPhoneから送信


金柑


今年も 残すところ あと10日!

前回も書きましたが、今年ほど 早く駆け抜けた年は無く、何故かと考えたら ゆったり過ごす時間が ほとんど無かったんですね。
毎日 時間に追われて、目的地から目的地へ まっしぐら。景色も目に入らず、いつも スマホの 乗換案内 ばかりを見ていた気がしてます。

こういう仕事をしていると、休日も あえて作らない限り 毎日何かしらの用事が入ってしまう日常です。
まあ、言ってみれば 仕事自体が 遊びを提供するものだから、他人から見れば 一年中 遊んでるように見えるのかもしれないですね。
ただ、遊びも 仕事となると 真剣にならざるを得ず、脇目も振らず 走り回って 当然かもしれない、とも思います。

家から駅までの道も、時間に追われて 小走りで通り過ぎる日々ですが、今日は めずらしく 目に留まるものがありました。
ほぼ 毎日通っている場所に、こんなに見事な 金柑 が なっていたんですね。
もう 何年も前から ここに有ったはずなのに、全く 気づきませんでした。

路地植えの けっこう大きな木です。
実も たくさんついています。
これを見て、一気に お正月が近い気がしてきました。

あと 10日です。
お正月の準備どころでなく、今年は 最後の最後まで 走り回ることになりそう。






iPhoneから送信


冬の桜


たまに通りかかる 青山の裏通りに、今を盛りと咲いている桜を見つけました。

遠くに ピンクの花がいっぱい。
梅?それにしても 早くない?まだ 年の瀬ですけど、と 近くに寄って見たら、紛れもない 桜でした。
冬に咲く桜、あるんですね。

今年もあと半月、あちこちで 今年はどんな年だった?と聞かれ…
私としては、かなり長く生きてますが これほど早く駆け抜けた年は 無かったのでは、と思っています。
昨年末は、曲のアレンジが間に合わず 本当に 死に物狂いで 五線紙と取り組んでました。
そして、今年の年末は といえば、改装に伴う 荷物との戦いに明け暮れてるわけです。

一向に片付かない部屋で 一人奮闘し、教える方も 習う方も、レッスンに駆け回り、ふと 通りかかったところで 出会った 桜。
なんか、忘れてたものを 思い出したような、ほっこりする気持ちになりました。

冬の桜、元気をくれましたね!





iPhoneから送信


キヌアのサラダ


キヌアが 近年 ブームのようですね。

キヌアは 南米で採れる 栄養価の高い雑穀で、健康食材として 人気があります。
雑穀というと アワ、ヒエ、キビなどは 日本でも古来から食されて来ましたが、少し前までは、私より先輩の方々には 貧しかったり 辛かったり というイメージがあったかもしれないです。お米を食べられない人が食べるもの、みたいな。

私は、蒸したアワに たっぷりと こしあんのかかった「粟ぜんざい」が 大好物だし、キビ団子なども 桃太郎の家来になってもよいほど 好きですが、甘いもの となると 健康食材とは言えないかも、ですね。

キヌアは、お米と一緒に炊いて食べることも多いようですが、ご存知の通り 私は 炭水化物は なるべく控えたいので、サラダに混ぜて食べることが ほとんどです。
自分でも 調理しますが、現在 自宅が工事中のため、この キヌアのサラダは 外食でいただきました。
ウチの近くに 美味しい ペルー料理のレストランがあるのです。
ペルー料理、食材や香辛料が かなり好きで、ハマります。

さて、キヌアは 一時期 健康志向の若い女性などに 買い漁られて 手に入らないこともありましたが、今は スーパーなどで 普通に売っています。
キヌアの他にも、アマランサスとか 高黍(タカキビ)など、人気の高い 雑穀が 出回っています。

健康志向の食事といえば、毎日のように 蕎麦雑炊を作っていたことがありました。
蕎麦米(といって売っています)と 根菜を中心にした野菜を 出し汁で煮たものですが、美味しい上に、これ以上 健康的な食事は無い!みたいな気がして しばらく食べ続けていました。
寒い冬には 冷たいキヌアのサラダより、蕎麦雑炊が向いているかも、ですね。
工事が終わったら、作ってみようかな。

たまには お肉、新鮮なお魚、そして コッテリとした 高カロリーな物も食べたいわけですが、日常 こうした 健康食材を摂っていれば、たまにリッチな食事をしても 多少は 罪悪感無く いただける気がします。







iPhoneから送信


おもはらの森から


表参道と 明治通りの交差点にある ビルの6階に、おもはらの森 はあります。

そこから ウチの方を見て 写真を撮りました。ちっぽけなウチは、埋もれて見えません。

忙しく 慌しくしてるうちに、今年も もうあと1カ月!
嘘でしょう[!?]︎ と 言いたい。
でも、樹々は色づき 風は冷たくいつの間にか 秋が終わろうとしています。

今年は、この時期に 改装中なこともあり、クリスマスの準備も、年末の色々な雑事も、全てが「出来る範囲で」となり、つまりは ほとんど何も出来ない、しない、ということになっています。それでも、日常的な手仕事などは 椅子一つ分の 私のスペースで こなしております。
これがまた、結構 快適だったりして…
私、小さいので 狭いのは 苦にならず、モノに囲まれた 安心感が 妙に 落ち着くのです。多分、大広間に ポツンと一人で置かれたら、夜は眠れないかも。
工事の音も ハンパ無いんですが、音楽を聴くよりは ラクなんですよね。
これ、音楽家 あるあるです。

工事が進んでみたら、私の領分は 今までの半分ではなく、それよりさらに 狭いことが判明。年内に 出来る限り モノを減らしていかなきゃ!
計画というものが 私の辞書には無い… のですが、これから どういう展開になるのか想像しつつ、とにかく捨てよう!

今更ですが、この 天井まで積まれてる 荷物のほとんどが ハンドメイドの材料ではありますが、私以外の人にとっては「ほぼゴミ」なんだろうな、と。
私にとっては アイデアの宝庫、キラキラ ドキドキの 宝物なんですけどね。

さて、おもはらの森 自体は、何ヶ所かに植え込みのある ウッドデッキです。某カフェのテーブル席にもなっています。
今日は 比較的 暖かいので、デッキでお茶する人もたくさん。
ビルの1階から出ると、表参道の欅並木が 程よく色づいてます。

晩秋を感じつつ、渋谷までは 歩きましょうか。






iPhoneから送信


引越し終了


急に寒くなりましたね!
明け方 寒くて目が覚めると、もぞもぞと布団に潜り込んで来た 猫あんか。両脇と足元に 4つです!本当〜に 温かいです。

さて、アトリエの引越し作業は アルバイトの イケメンのお兄さんの手を借りて、朝のうち 10時には完了しました。(昨夜は日付変わるまで頑張りましたけどね)
荷物を運び込んだ方の部屋は…
お見せしない方がいいかと。(笑

自分一人 座るだけのスペースは確保したので、明日から 工事の騒音とともに 仕事が出来る…のかな?
何よりもまず、取り急ぎ 箱詰めした ありとあらゆるものを、少しずつ 少しずつ 荷ほどきしていかないとね。
作業スペースはあっても、宝の山を掘り進めないと 材料が出て来ません。

それにしても 不用品の多いことといったら!
今は、モノ自体より 置いておくスペースの方が 貴重だったりします。
いつか 使うだろう、は 多分 いつになっても 使わない。
まだまだ 捨てるものがありそうです。

それにしても、引越しは 大変です!
今回は 寝起きする場所ではなく、しかも 部屋のモノを別の部屋に移動するだけなのに 本当に しんどかったですから、本当の引越しは いかほど大変かと。

私みたいに 欲張りで気の多い人間は、断捨離 とかって 興味無かったんですが、この際 思い切って 捨ててみるのもアリかな?と 思いました。




iPhoneから送信


引越し作業中


引越し と言っても、同じ建物内でのこと。
今回は、アトリエ部分に関わる改装工事なのですが、モノを創作する現場 というのは
カオス にならざるを得ない…?

とりあえず ダンボール箱をもらって来て、組み立てたところで 本日はチカラ尽きました。
何しろ 私の作るものと言ったら、多種多様ですからね。大きく 紙もの、布もの、ビーズ アクセサリー類、フラワーアレンジメント関係、と分けても 素材や道具が 半端なく…
今日も かなり思い切って 捨てたんですが、まだまだ あるある 他人にとってはガラクタの、私の宝物たち。
問題は、工事終了後 アトリエが半分の大きさになる ということです。

今回、猶予は1週間。
要るか要らないか、考えてる時間は無いので、明日から 時間を見つけては 箱に詰めて 工事しない部分に積み上げるしかありません。
スタジオには なるべくモノは 持ち込みたくないのですが、そうも言っていられず 椅子が50脚 増えました。
約1ヶ月間の工事中、多分 座る場所も無いでしょうね。

子供の時から この土地に暮らし、本当の引越しは ほぼ経験がありません。
年末までには 工事も終わって、気持ち良くお正月が迎えられると良いのですが…
予算の関係で、私のアトリエスペースは 内装は変えられないらしく、工事が終わったら 単に狭くなるだけ のようです。

さあ、明日から 頑張ろう!





iPhoneから送信


猿梨


猿梨 というものを いただきました。

はじめ、ちょっと大きめの オリーブかと思ったんですが、口に入れてびっくり!
甘い 甘い 果物でした。

調べてみたら、キウイの仲間なんですね。
マタタビ科マタタビ属 ということなので、1個 猫のお土産にしてみようかと思います。
食べると 確かに味はキウイそっくり、外側に毛が生えてないけど 形はキウイのミニチュアだし、切ってみると 断面図もキウイと同じです。黒い種は無いけど。
毛が無いので、皮ごと食べられます。

こういう 滅多に果物屋さんにも並ぶことのない 野性のものって、本当に 神様からのプレゼントだと思います。
ヤマモモとか 木苺とか ユスラウメとかね。甘くて美味しかったら 尚更のこと、小さな宝石みたいで、宝石に興味の無い私には これらの方が ずっと貴重です。
都会で暮らしてるから、よけいに貴重に思えるのかも。

子供の頃は 半分田舎で育ったので、季節ごとの 神様からのプレゼントには とても敏感でした。
今でも、昔はよく見かけた 黄色い木苺が恋しくて、初夏になると つい その木を探してる自分がいます。またいつか 口にすることは あるでしょうか。

猿梨に 話は戻りますが、キウイの仲間なので キウイにアレルギーのある方は 口にされないように、とのことです。





iPhoneから送信


冬支度


今年も あっという間に あと2カ月となりました。
やはり、私の子供の頃より 時間の流れが速くなってる気がするんですが。
時間自体は変わらないけど、その中に詰まってるものの 量の多さで そう感じるのでしょうか。

昨夜も 帰り道で イルミネーションの準備を見ました。
ハロウィン終わって クリスマスまで、本当〜に あっという間だと思います。

最近の気候の異変も、時間の流れ感 を 惑わせてるような気がします。
夏の疲れが癒えぬまま 即 冬支度、と言われてもね。

身辺が騒がしくなり、様々な変化に対応出来ず、オロオロ ウロウロしてるうちに どんどん時間が過ぎて行きます。
仕事も 生活も、気持ちが追いつかないのに 決定しなければならない事ばかり。

でも、スタジオも、来年には もっといろんなことが出来る 魅力的な場所として 活性化させたいと思っているし、今は そのための冬支度でもあるので、気を引き締めて 頑張らなくては!

それにしても、冬支度といえば こたつをだしたり、干し柿作ったり、毛糸編みを始めたり…
そんな時代が 懐かしい って、私 どれだけお婆さんなんだろう…(笑)






iPhoneから送信


思わぬ収穫


夏に、放置していた さつまいもが 芽をだし 葉も出てしまったので、水に浸けて 観葉植物として キッチンの窓辺に置いてました。

例年だと 適度に葉が出て、夏の観葉植物としては 手もかからず 結構 楽しめるのですが、今年は 暑い日が 滅茶滅茶 暑かったせいか、ずんずん伸びて キッチンに置くには 大きくなり過ぎました。
超〜 ズボラな私、たまたま割れた洗面器があったので、根も葉も 充分育った さつまいもを 洗面器に入れて、ベランダに持って行き、土だけ残ってる鉢の土をぶち込み、あとは放置。

まあ、水遣りだけは してましたが、当のさつまいもは 伸びて 伸びて アイビーみたいに 葉が垂れ下がって行き…

何の期待もして無かったのですが、昨年、鉢に植えた じゃがいもが 小さな子いもを作ったことを思い出して、ちょっと 土を掘ってみました。
何と!
有難い 天の恵みが ちゃんと存在してるではないですか!

大きさは ちょうど私の手の指くらい。
それでも 色艶も良く、とても放置の結果とは思えない出来栄えです。
もちろん、直ぐに 蒸していただきました。

甘くて シットリして、それはそれは 美味でした。





iPhoneから送信


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ